ETCを搭載するための車載機について


トップページ > ETCカード関係のコラム > ETCを搭載するための車載機について
たった30秒でわかるあなたにぴったりのETCカード診断
当サイトからのETCカード申込数ランキング
おすすめETCカード一覧
ETCカードを条件で選ぶ
ETCカードの基礎知識

ETCを搭載するための車載機について

ETCシステムを利用するにはETCカードと車載器が必要です。その車載器についてここでは紹介します。車載器はETCレーンを通過する時に料金所に設置されているアンテナと無線でやり取りをすることによって料金の情報を交換する機能を備えています。その車載器はどこで手に入れればいいかというと自動車メーカーやカー用品店などで購入が可能です。その車載器には3種類が存在します。

・2ピースタイプ
本体とアンテナがセットになっているタイプで、ETCカードと車載器の2つだけで利用できるため2ピースタイプと言います。

・3ピースタイプ
本体とアンテナが別々になっているタイプで本体をどこでも取り付けることができるため、自由度が高い車載器であると言えます。ETCカードと車載器、アンテナの3つで利用できるため3ピースタイプと言います。

・ビルトインタイプ
車に最初から備え付けてある車載器のタイプのことです。取り付けてある場所はメーカーによって異なります。ここで注意点です。車載器は購入したからといってすぐには使用できません。ETCカードは車を替えても使用できますが車載器は車とセットでなくては使用できないのです。ですので、車の情報を車載器に読み込ませなければいけません。しかし、専門の業者が行うので安心です。この作業をセットアップと言いますがそのセットアップに必要な情報はナンバープレートなどがあります。このような情報を暗号化して車載器に読み込ませます。

そのセットアップの方法には2種類があります。

・オンラインセットアップ
セットアップをする店と情報の発信元との間で、オンラインで情報をやり取りする方法です。すでにETCカードを持っていれば当日にはETCを使用できることがあります。

・オフラインセットアップ
セットアップをする店と情報の発信元との間でFAXや郵送で情報をやり取りする方法です。完了までに1週間ほどかかります。

セットアップの方法は、どちらを選ぶかはご自分で決めてみて下さい。