図解で5分!ETCカードの作り方徹底ガイド

ETCカードの作り方


当サイトでETCカードの作り方がまる分かり!高スペックのおすすめカードもご紹介しています。

たったの30秒!あなたにぴったりのETCカード診断

ETCカードの作り方を図解で5分で解決!

ETCカードはクレジットカードとのセットで申込みします。

ETCカードは基本的に単体で申し込むものではありません。ETCカードが欲しいと思った時には各クレジットカードをインターネット上から申込・入会し、そのカードにオプションのような役割で付いてくるのがETCカードというわけです。つまり、ETCカードが欲しいのならまずはクレジットカードに入会しなければならないのです。

ETCカードの引き落としはクレジットカードから行われます。

ETCカードを車に装着した状態で高速道路や有料道路のゲートをくぐろうとすると「ピンポーン」と可愛らしい音とともに自動でゲートが開きますが、その際に費用はどこで支払うのか?それは、同時に入会したクレジットカードから後日、引き落とされる仕組みなのです。

ETCカードにはそのほかにも特典が満載です!

もちろん、同時契約を行ったクレジットカードはETCカードの支払い専用として使っても良いのですが、実はクレジットカードそのものに特典が満載なのです。知ってましたか?

では、どのような特典が受けれるかという事について少し具体例を挙げてみましょう。ETCカード・クレジットカードを上手に選ぶことによって以下のような特典が「無料」で受けられます。

提携ガソリンスタンドでガソリン価格が大幅に割引されます。
買物やETC利用によってポイントが貯まり各種商品券などに交換可能になります。
専用のロードサービスが受けれたり、空港のラウンジが無料で使用できます。
旅行の際に万が一盗難に遭った時の盗難保険がカードに付帯しています。
旅行先での怪我や通院、更には高額な死亡保険などが標準で付帯しています。

もちろんETCカードだけで使用するならこれらは必要ないかもしれませんが、せっかくならお得に使いたいというのが人の常です!当サイトではそんなクレジットカード+ETCカードを厳選し、国内でもトップクラスにお勧めできるものを選びぬいてご紹介しています。是非活用してみてください。

当サイトが自信を持ってお勧めするETCカード

→ 出光カード まいどプラス
国内の無料ETCカードの中でも特に高い人気を誇るカード。出光スタンドで常にガソリン割引+会員専用ロードサービスが付帯!
→ 新ライフカード
使うごとにポイント還元率がアップするステージ制を採用したショッピング向けカード。お買物が多い方はどんどんお得に!!

  • 当サイト限定企画!申込数が今多いカードは? →ETCカード申込数ランキング
  • ガソリンの高騰が続く今…大活躍するのはこのカード →ガソリン割引カード
  • 結局どのカードにすれば良いのか分からないという方は →汎用性の高いカード
  • 高速道路は当然!日常的なETCカードの賢い使い方!

    ETCカードを利用したお得な交通道路事情

    高速道路にETCが導入されてから10数年が経つ日本では、ETCカードを持つことが当たり前の時代となりました。高速道路を良く使うドライバーにとってETCカードは必需品ともいえ、高速道路でETCカードを利用した車は既に全体の87.4%にも及び、ETCカードの浸透率が目に見えてわかるようになっています。

    このようにETCカードが世の中に浸透している理由として、一重にメリットの重要性が挙げられます。例えば、ETC以前の高速道路の仕組みでは、料金所を通過するのに一々立ち止まって常駐スタッフに現金でお金を支払わなければなりませんでした。その為、お金を取り出したりお釣りをもらっている間に料金所が渋滞してしまうことが良くありました。

    高速道路上にETCが登場したことにより、ETCカードが搭載された車で専用ゲートをくぐるだけで人間を介さなくてもノンストップで通過することができるようになりました。さらにETCカードの優れたところは快適なドライブを実現してくれるだけでなく、高速道路の利用料金が割引される仕組みがあります。

    ETCカードを搭載した車で高速道路の料金所を通過すれば、カード作成時に登録しているはずの銀行口座またはクレジットカードにより自動で支払いが行われることになります。ETCの主な高速道路割引には、平日朝夕割引きや休日割引、深夜割引などがあり、ETC搭載車で専用ゲートを通過した時に、自動で割引された料金が引き落とされることになります。

    限定的なETC割引でなければ、自分で割引を受ける為の手続きをする必要はありません。高速道路を快適に通過したり、高速道路割引を受ける為には、ETC搭載車とETCカードを用意するだけなので、高速道路を利用する人なら絶対ETCカードがお得と言えます。

    ETCカードの利用で普段の生活がお得になる

    ETCカードを持つと高速道路を利用する時にお得になるということがわかりました。このETCカード、実は日常的に持つことでもお得に利用できる機会がたくさんあります。まず、ETCカードは発行会社によって機能やサービスが異なります。つまり、どのようなサービスがETCカードに付随されているのかを確かめてから、自分専用のETCカードを作るのがポイントになります。

    ETCカードに付随されるサービスとして、充実なポイント制度や、国内海外旅行保険が自動で付帯されるサービスなどが挙げられます。さらに、ETCカードによって年会費がかかるカードと、会員費が全く必要ない永年無料のカードがあります。年会費がかかるETCカードは、無料のETCカードよりも手厚いポイントサービスや保険サービスが受けられることが多いです。

    気になるポイントサービスとは、発行会社独自のポイントがたまったり、ETCマイレージポイントがたまるということです。カード会社独自のポイントはその会社が提供するサービスや提携先で現金として利用できることが多いのに対し、ETCマイレージポイントは高速道路の通行料金に充てることができるようになります。

    ETCカードによってポイントの還元率が異なるので、充実したポイント制度を利用したいという人は、しっかりと還元率を確認してからETCカードの発行を行いましょう。また、ETCカードを持つだけで国内と海外旅行の保険が自動で付帯されるサービスがありますが、どういった内容の保険が付帯されるかはカード会社によって異なるので、保険目当てでETCカードを作る時はしっかり保険の付帯サービスを調べたいところです。

    カード会社によっては、海外旅行の保険はつくけど、国内旅行の保険はつかなかったり、保険の上限額が設定されていることが多いです。日常的にETCカードをお得に使うなら、面倒くさがらず細かな付随サービスを調べておくのがポイントとなります。